幸せそう^ ^

昨日、ケイトさんは新しいオーナー様宅へ嫁ぎました。
仕事が終わって、ほっとしたら大丈夫かなぁ?って考えちゃうんだけど…
沢山の人に愛されてるのが分かっている子だから、しょげないか心配しちゃう…
送って頂いたムービーを見たら、彼女は幸せそう^ ^
芝生のランで、オーナーさんとお兄ちゃん達と遊んでもらって^ ^
で…違うムービーでは、お兄ちゃんに威張ってる…
ガム貰って食べてたら、オーナーさんにも、うーって威張るらしい…
さすが我が家で育っただけあります…😰
ギガちゃんは、他の子とハンドラーさんが遊ぶと嫉妬してTシャツに何枚も穴開けたらしいし…😰
ジュジュは、クィーンだからソファーに陣取り、誰か来ようものならキレる…しかも、飼い主に怒られて気に食わないと、むにゃむにゃ声出して文句言うし…💦
 
恐ろし過ぎる我が家のお嬢様方…
そして、男の子達は、甘えた…
少しは、お嬢様方を見習ってほしい…
こんな事書いたら、どんな育て方してるの?って疑われちゃいそう…
ちゃんと自己主張はしますが…
し過ぎますが…
周りのみんな共仲良くできるし、人もワンコも好きになる様に育ててるので、小さなケンカはありますが、傷がつくような事はありませんよ。
オーナーさんと、今年ショーデビューです^ ^
素敵な形になりますように^ ^
スポンサーサイト

欠品情報

人気のiti(イティー)シリーズですが、メーカー欠品があります。
トリーツ
・凝縮カットチキン 口腔ケア
・ビーフジャーキー 股関節ケア
上記2アイテムは、6月中旬まで国内に入荷しませんので、海外から入って来るまでお待ち下さい。
ちょびっとですが、缶詰シリーズも入荷しました^ ^
人間達が食べる肉類も、世界的にニュージーランド産の需要が高まっています。
理由は、安全性。
ニュージーランドでは、地理的な孤立と検疫制度によって、家畜を疫病から守り、また産業廃棄物の被害を防いでいます。厳重な検疫体制や輸入品の厳しい規則と検査によって、病疫ゼロが保証されています。
ニュージーランドでは、恵まれた自然環境のおかげで、一年中放牧を行い、栄養豊富な牧草だけを与えて肉牛を飼育しています。また化学肥料を排し、抗生物質や成長ホルモンの日常的な投与を必要としません。2006年11月、OIE(世界動物保健機構)は、ニュージーランドをBSE(牛海綿状脳症)などの疫病に関して世界トップクラスの安全基準である「無視できるリスク」に認定。その他の重大な家畜の病疫も、過去に例がありません。反芻動物由来の肉骨粉の輸入も全面禁止し、年間2,000超の脳のサンプル検査で世界最高レベルのバイオセキュリティを保っています。
良く聞くのは、フード製造過程では安全な物しか使用していないと言うメーカーさん多いですが、原材料は?
家禽類や肉牛を育てるのに、成長ホルモンや抗生部質を与えていれば、肉類に薬品が回っています。
結果的に、フードに含まれる場合も多いと思います。
身体が小さいワンコだから、人間よりも食に対して注意頂ければと思います。
もちろん、オヤツ類も♪

夜活…

微妙に…
なんとなく…
自分が行ってる美容院は、夜、美容師さんの気分で開けてくれますw
気分ならカットしてくれるし、気分じゃなきゃカットしてくれないw
大事だから、もう一回書きます。美容師さんの気分ですw
で、自分は…

閉店時間後に、お客様のワンコトリミングしてます^ ^
水、木、金、限定ですが、電話は19時迄、最終受付19時で御案内可能です^ ^21時には閉店…
なんか、案外好評で…お気軽にお問い合わせ下さい^ ^今週も埋まってます。
今日は、家のおばあちゃん犬、乳腺腫瘍の手術と、ケイトさんは健康診断。先週は、サマンサ、リンコさん、ワクチンと狂犬病のワクチン…
おばあちゃんだから、乳腺全てではなくて、腫瘍のみでお願いしました。
ベストではなくてもベターを。
ケイトは、週末に見学があるので、とりあえず健康診断。
みな、問題なくクリア^ ^

ケイトさん

今月18日で、レギュラークラス…9ヶ月になります。
週3日シャンプーして、やっとコートにハリが出てきました。
コートもボディーも、身体が仕上がって来るのは、あと一年はかかるかなぁ?と思います。コートができてくるのは2年位?
今、10インチ位。仕上がりで10半かな?
でも、今までのブリーディングで1番良いクオリティーかと…
プードル界ちょっとタイプに変化があるので、賛否両論あるかと思いますが…
ママのサマンサは、今年最後のブリーディング。
旦那さんは悩み中です。リンコさんの旦那さんも…
リンコさんのが、旦那さん選びが楽…サマンサさん最後なので悩む…
サマンサの子、リンコさんの子と残したいので、良い子が生まれてくれたらなぁ。

こんな感じに…

自分の名前は、アメリカだとインパクトありすぎで…
だいたい1回で覚えてもらえます…

大(ダイ)…英語だと…死…

スペルは違うんですけどね…

彼は正気か?クレイジー!!…何度言われたでしょう…泣

なので、アダ名のD(ディー)って言うようにしてます。
で、だいたい現地での笑いのネタになりますw

今年は、ミユキさんの所でスタンダードプードルとトイプードルのお手伝い。

そして、日本では絶対に見る事のできないスタンダードプードルとミニチュアプードルの数、かなり多かったですが、これでも昔の半分だそうで…


アメリカ…早いです。本当に。それでいて綺麗…
日本で、何人の人がこのスピードで出来るんだろう?数人?


海外の方から、ここ何年か日本人はいらないって聞きます。
アメリカでは、10年位前から日本人はいらないって広まっているそうで、一般企業でも同じ事が起きてると…

アジアでも、聞きます…
前は、日本って言われてたのが、最近は韓国、台湾。

日本人は、仕事ができないからって、海外の人に何回も言われました。
正直悔しい。
こんな所も、自分の原動力の一つになってる部分もあります。

で、お手伝い写真^ ^もっと認めて貰える様に頑張りますよー^ ^